Kohei's brain

Twitterアカウント:@keima1212ab

はじめまして

はじめまして、コウヘイです。

 

ここでは、一人でも多くの人が参考になるようなポケモンの記事を書いていけるように努めていきたいと思います。

 

 

主な成績(PGL関連)

7世代

インターネット大会 アローラビギニング マスターカテゴリ 36位(1807)

シーズン1 スペシャル 8位(1813)

インターネット大会 アローラフレンドリー マスターカテゴリ 22位(1805)

インターネット大会 2017 International Challenge February マスターカテゴリ レート1811

シーズン2 スペシャル 5位(1904)

シーズン2 ダブル 29位(2000)

インターネット大会 カントー×アローラ マスターカテゴリ 5位(1853)

インターネット大会 プリティプリマ マスターカテゴリ 3位(1875)

インターネット大会 ポケモン危機一髪! マスターカテゴリ 5位(1869)

インターネット大会 2018 International Challenge January マスターカテゴリ 2位(1829) (ポケモンジャパンチャンピオンシップス2018出場権獲得)

 

 

6世代

インターネット大会 爆速!シングルバトル!! マスターカテゴリ 35位(1736)

f:id:Koheibrain:20160926164242j:plain

f:id:Koheibrain:20160926164322j:plain

簡易解説

クレッフィ+フシギバナ+ウォッシュロトムが強すぎて9割以上のこの選出だったと思います。上記の3体の調整は下記の記事と全く同じで、他の3体は選出抑制のため適当に選んだので全然覚えていませんが、普通にAS調整やCS調整だと思います。

koheibrain.hatenadiary.jp

 

インターネット大会 ホウエンポケモン ニコニコマッチ マスターカテゴリ 55位(1725) (全てのポケモン種族値500未満の合計種族値2644)

f:id:Koheibrain:20160926164354j:plain

f:id:Koheibrain:20160926164416j:plain

簡易解説
乱数が出来なかったので、準伝説や禁止伝説を使用しないで一番強い構築を考えたところ、上記の構築に行き着きました。サマヨール+ヤミラミは5世代のダブルから愛用しており、自分が考える最強コンビです(6世代でも刺さっているルールには積極的に採用しています)。正直、禁止伝説使用しておきながら自分より順位の低い人は・・・。

 

ORASリーグ シーズン7 ダブル 最終14位(1990)

使用PT

Kangaskhan @ Kangaskhanite 
Ability: Scrappy 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 212 HP / 252 Atk / 44 Def 
Brave Nature 
IVs: 0 Spe 
- Fake Out 
- Double-Edge 
- Hammer Arm 
- Sucker Punch 

Cresselia @ Rocky Helmet 
Ability: Levitate 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD 
Relaxed Nature 
IVs: 0 Atk / 0 Spe 
- Psychic 
- Ice Beam 
- Trick Room 
- Helping Hand 

Gastrodon (M) @ Rindo Berry 
Ability: Storm Drain 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 252 HP / 140 Def / 116 SpD 
Quiet Nature 
IVs: 0 Atk / 0 Spe 
- Earth Power 
- Protect 
- Ice Beam 
- Recover 

Aegislash @ Weakness Policy 
Ability: Stance Change 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 SpA 
Quiet Nature 
IVs: 0 Spe 
- Shadow Ball 
- Sacred Sword 
- Wide Guard 
- King's Shield 

Heatran (M) @ Leftovers 
Ability: Flash Fire 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 212 HP / 60 Def / 236 SpA 
Quiet Nature 
IVs: 0 Atk / 0 Spe 
- Protect 
- Substitute 
- Earth Power 
- Heat Wave 

Togekiss @ Sitrus Berry 
Ability: Serene Grace 
Level: 50 
Shiny: Yes 
EVs: 236 HP / 20 Def / 252 SpA 
Quiet Nature 
IVs: 0 Atk / 0 Spe 
- Air Slash 
- Dazzling Gleam 
- Follow Me 
- Protect 

 

簡易解説

ORAS最初のシーズンということもあり、「最遅ヒードランや最遅クレセリアを真っ先に厳選する人なんていないだろう」という大方の予想を逆に利用して、多くの勝ちを積み上げてきました。当たり前ですが、この構築を現在の環境で使用すると全く勝てません。

 

f:id:Koheibrain:20160926164809j:plain

ORASリーグ シーズン8 総合 最終20位(9075)

インターネット大会 リトルマッチ マスターカテゴリ 62位(1762)

ORASリーグ シーズン10 総合 最終8位(9307)

f:id:Koheibrain:20160926164939j:plain

 インターネット大会 戦う!ピカチュウ大会チュウ! マスターカテゴリ 49位(1810)

ORASリーグ シーズン11 ローテーション 最終30位(1720)

f:id:Koheibrain:20160926165128j:plain

ORASリーグ シーズン12 総合 最終19位(8912)

インターネット大会 クリスマス・トライ マスターカテゴリ 45位(1752)

ORASリーグ シーズン13 スペシャル 最終7位(1779)

ORASリーグ シーズン13 総合 最終10位(8984) (ORASリーグ史上初レート8000台での総合最終1ページ目)

f:id:Koheibrain:20160926165557j:plain

ORASリーグ シーズン14 スペシャル 勝率80%超え(46-11)で最終レート1900超え (最終レート1900~の中で2位)

f:id:Koheibrain:20160926170256j:plain

インターネット大会 ジョウトオープン マスターカテゴリ 27位(1809)

インターネット大会 シンオウダービー マスターカテゴリ 34位(1805)

ORASリーグ シーズン17 シングル レート2101
ORASリーグ シーズン17 トリプル 32位(1872)
ORASリーグ シーズン17 総合 12位(9338)

f:id:Koheibrain:20160926165320j:plain

 ORASリーグ シーズン18(仮) ダブル レート2002

twitter.com

 

主な成績(それ以外)

7世代

第13回 南白オフ 優勝

BO3 Cup Final 予選8位抜け,決勝トーナメント1回戦落ち(ベスト8)

 

6世代

グロリアクラシック第2回予選 準優勝

グロリアクラシック本選出場

World Cup of VGC 第一回日本代表選考大会 優勝
World Cup of VGC 日本代表

 

World Cup of VGC

予選Aブロック 同率2位

1位イタリア

2位アメリカ(西)

2位日本

4位東アジア

(サドンデス敗北により予選落ち)

チーム 8 vs 8のBO3

(VGC2013ルール 1人,VGC2014ルール 1人,VGC2015ルール 2人,VGC2016ルール 4人)

予選ブロック 1勝1敗1引き分け

vs イタリア 3勝5敗

vs 東アジア 6勝2敗

vs アメリカ(西) 4勝4敗

サドンデス 3 vs 3のBO3

(VGC2013ルール 1人,VGC2014ルール 1人,VGC2016ルール 1人)

vs アメリカ(西) 1勝2敗

個人

予選ブロック 3勝

vs IP Ender(イタリア) 2勝1敗(×○○) (VGC2015ルール)

vs JohnSunTW(東アジア) 2勝(○○-) (VGC2016ルール)

vs Braverius(アメリカ(西)) 2勝(○○-) (VGC2015ルール)

 

グロリアオンライン1 予選16位抜け、決勝トーナメント1回戦落ち(ベスト16)

グロリアオンライン2 予選7位抜け、決勝トーナメント4位

グロリアオンライン4 予選12位抜け、決勝トーナメント1回戦落ち(ベスト16)

グロリアオンライン5 予選14位抜け、決勝トーナメント1回戦落ち(ベスト16)

第30回がにゅーオフ(グロリア九州予選) 予選4位抜け、決勝トーナメント1回戦落ち(ベスト16)

日韓戦メンバー

 

日韓戦 5 vs 5のBO3

(VGC2015ルール 2人,VGC2016ルール 3人)

チーム 2勝3敗

個人

vs 민스트렐 2勝1敗(×○○) (VGC2015ルール)

 

最高最終レート

7世代

ダブル   2000(シーズン2)

スペシャル 1813(シーズン1) (シーズン1内での全解禁持ち物無しシングルバトル)

      1904(シーズン2) (1体のみ全解禁のシングルバトル)

WCS      1934(シーズン2) (アローラダブルバトル)

 

6世代

総合      9338(ORASリーグ シーズン17)

シングル    2101(ORASリーグ シーズン17)

ダブル     1990(ORASリーグ シーズン7),2002(ORASリーグ シーズン18(仮))

トリプル    1872(ORASリーグ シーズン17)

ローテーション 1720(ORASリーグ シーズン11)

スペシャル   1830(ORASリーグ シーズン10) (さかさバトル)

        1779(ORASリーグ シーズン13) (メガストーン禁止ダブルバトル)

                                1905(ORASリーグ シーズン14) (GSバトル)
        1804(ORASリーグ シーズン17) (シングル6150)

最高最終順位

7世代

スペシャル 5位(シーズン2)

WCS     46位(シーズン2)

 

6世代

総合      8位(ORASリーグ シーズン10)

シングル    149位(ORASリーグ シーズン10)

ダブル     14位(ORASリーグ シーズン7)

トリプル    32位(ORASリーグ シーズン17)

ローテーション 30位(ORASリーグ シーズン11)

スペシャル   7位(ORASリーグ シーズン13)

7世代育成環境メモ

 

 いつでも見られるメモとして。

 自分が考える理想の育成環境(完全再現はかなり難しいので多少の妥協は許す前提)。

 

koheibrain.hatenadiary.jp


1.孵化(リセット法)
 サン・ムーンでもリセット法は可能だが,バトル検定が消滅したので,以前の上記の記事のように個体値が適当なポケモンでは判別が出来なくなってしまった。なので,親は6V,6Uまたは全ての個体値が0(以下6/0と表記)の3体ポケモンに限られてしまう。このことを踏まえて,リセット法を行うにあたって一番理想な親の組み合わせは以下の3パターン。

 

A.

互いのIDが違う6Vまたは6Uのコイキング♂と6/0の夢(びびり)コイキング

互いのIDが違う6/0のコイキング♂と6Vまたは6Uのコイキング

 

 孵化したいポケモンの性別を気にしない条件下で,一番孵化歩数が少ない組み合わせ。ここで,注意したいのは♀の特性(♂は任意で可)が夢であること(そうしないと,通常特性か夢特性の判別が出来ないため)。一応、6Vと6Uの組み合わせでも問題ないが,視覚的に上記の組み合わせの方が個体値の遺伝経路を素早く理解出来るので,候補から除外。

 

B.
互いのIDが違う6Vまたは6Uのトゲチック♂と6/0の夢(強運)トゲチック

互いのIDが違う6/0のトゲチック♂と6Vまたは6Uのトゲチック

 

 性別が♀のポケモンを孵化したいという条件下で,一番孵化歩数が少ない組み合わせ。トゲピーが♂:♀=7:1なので♀が出たらOK。サン・ムーンではヤトウモリが♂:♀=7:1なので,めざ氷理想なのに性別が♂という悲しみが生まれずに済む。しかし,トゲピー自身はタマゴ未発見のため,トゲチックに進化させないとタマゴが出来ない。よって,準備に最も時間がかかる。ちなみに,進化を必要としないポケモンの中で孵化歩数最小はミツハニー

 

C.

互いのIDが違う6Vまたは6Uのピッピまたはプリン♂と6/0の夢(フレンドガード)ピッピまたはプリン♀

互いのIDが違う6/0のピッピまたはプリン♂と6Vまたは6Uのピッピまたはプリン♀

 

 性別が♂のポケモンを孵化したいという条件下で,一番孵化歩数が少ない組み合わせ。ピィまたはププリンが♂:♀=1:3なので♂が出たらOK。こちらも,Bと同様に準備の過程で進化を要する。ちなみに,進化を必要としないポケモンの中で孵化歩数最小はエネコ。また,ルリリも一番孵化歩数が少ないが非現実的なため候補から除外。

 

 後は,上記の記事と同じ。

 

ちなみに・・・

 VGC2017ルールのバトルでのポケモンはLv.50以外存在しない。つまり,Lv.50以外のポケモンはVGC2017のバトルの下ではLv.50に修正される。この仕様を利用してVGC2017ルールでの対戦のバトルビデオを撮り,バトルビデオの機能にある模擬戦を駆使して疑似バトル検定による個体値判別を試みたが,模擬戦ではLv.50未満のポケモンは元のレベルのままで,Lv.50以上はLv.50に修正されることを確認した。つまり,今のところ,7世代でバトルビデオを駆使しての疑似バトル検定による個体値判別は不可能であることが分かった。
 7世代では,新たにジャッジ機能が追加され,今までより視覚的に個体値の情報を把握する(V,U,0の個体値に至っては固有の表記が存在する)ことが出来,一見,上記の方法を行う必要性は皆無だと思われがちだが,ジャッジ機能が解禁される条件であるタマゴを20個孵化するときの個体値判別は不可能なので,もったいないなぁと個人的に考えただけ。

(2017.01.26に追記)

 

2.努力値

H マクノシタ(+1) (メレメレ島の2番道路のハウオリシティ側の揺れる草むら)

    キャタピー(+1) (メレメレ島の1番道路東側)

A ヤングース(+1) (メレメレ島の1番道路,昼にはツツケラ(+1)も出現)

    カリキリ(+1) (シェードジャングルの左奥のエリアの揺れる木で100%の確率で出現)

B ダンゴロ(+1)  (メレメレ島のテンカラットヒル,特性の頑丈に注意)

C コダック(+1)  (アーカラ島のせせらぎの丘)

D メノクラゲ(+1) (水上)

   レディバ(+1) (のメレメレ島の1番道路)

S オニスズメ(+1) (メレメレ島の2番道路北側,夜にはコラッタ(+1)も出現)

   ドーブル(+1) (メレメレ島の2番道路北側)

 

 7世代からパワー系を持たせたときに加算される努力値が+8になった。さらに,呼び出されたポケモンを倒すと努力値が通常のポケモンに比べ2倍になった。このことを踏まえると・・・(ポケルスに感染している前提で記述)

 

注意

 呼び出されたポケモンだけではなく,呼び出したポケモン自身もポケモンの呼び出しに成功したとき,呼び出されたポケモンと同様の努力値になる。

 

①パワー系所持で努力値+1のポケモンを普通に倒す→+18

②パワー系所持で努力値+1の呼び出されたポケモンを倒す→+36

努力値+1のポケモンを普通に倒す→+2

努力値+1の呼び出されたポケモンを倒す→+4

⑤木の実→-10

 

努力値振り計算一覧(タウリン等は使用しない前提)

(244以外はどの順番で行っても構わない)

252=②×7

244=②×7+⑤+③ (順番を間違えないように)

236=②×6+①+③

228=②×6+①+(③×2または④)+⑤

220=②×6+(③×2または④) (最終的に2余ることを利用して②×7+⑤×3で222振る)

212=②×7+⑤×4 (最終的に2余ることを利用して②×6+①+⑤×2で214振る)

204=②×6+①+⑤×3

196=②×6+⑤×2 (最終的に2余ることを利用して②×5+①で198振る)

188=②×5+①+⑤

180=②×5

172=②×5+③+⑤ (最終的に2余ることを利用して②×6+①+⑤×6で174振る)

164=②×4+①+③ (最終的に2余ることを利用して②×6+⑤×5で166振る)

156=②×6+⑤×6 (最終的に2余ることを利用して②×5+①+⑤×4で158振る)

148=②×4+(③×2または④) (最終的に2余ることを利用して②×5+⑤×3で150振る)

140=②×5+⑤×4 (最終的に2余ることを利用して②×4+①+⑤×2で142振る)

132=②×4+①+⑤×3 (最終的に2余ることを利用して②×4+⑤で134振る)

124=②×4+⑤×2 (最終的に2余ることを利用して②×3+①で126振る)

116=②×3+①+⑤

108=②×3

100=②×3+③+⑤ (最終的に2余ることを利用して②×4+①+⑤×6で102振る)

92=②×2+①+③ (最終的に2余ることを利用して②×4+⑤×5で94振る)

84=②×4+⑤×6 (最終的に2余ることを利用して②×3+①+⑤×4で86振る)

76=②×2+(③×2または④) (最終的に2余ることを利用して②×3+⑤×3で78振る)

68=②×3+⑤×4 (最終的に2余ることを利用して②×2+①+⑤×2で70振る)

60=②×2+①+⑤×3 (最終的に2余ることを利用して②×2+⑤で62振る)

52=②×2+⑤×2 (最終的に2余ることを利用して②+①で54振る)

44=②+①+⑤

36=②

28=②+③+⑤

20=①+③

12=④×3

4=③×2または④

 

3.無限会話法
 完全に自己流なので,間違っている可能性があるかもしれないが,インターネットに接続せずに無限会話法が成功した。簡単に説明すると,フェスサークルの「いい店ない?」で店を新たに創設するときにレポートを書く仕様を利用する。下記では,トレジャーハント★2の初回抽選で銀の王冠が確定でもらえる仕様を利用して,一石二鳥のやり方を紹介する。

 

A.占い屋で「フェスサークルでラッキー」以上の結果を出す。
 勿論,そもそも占い屋を利用しなかったり,「フェスサークルでグッド」でも無限会話法は出来るが,円滑に事を運ぶために,出来ればラッキー以上が望ましい。

 

B.フェスサークル内の赤いセリフの人を全て消化する(このときにフェスランクが上がるのが理想)。

 

C.マーマネのところへ行き,フェスサークルにあるトレジャーハント★2を紹介された店で上書きする(Bの工程中に行っても可)。

 

D.マーマネに紹介してもらった店をフェスサークルでトレジャーハント★2を紹介できる人に「いい店ない?」でトレジャーハント★2で上書きする(この時,自動的にレポートされる)。

 もし,マーマネがふしぎキッチン★5等の激レア店を勧めてきたら,もちろん消すのはもったいないので,別の店をトレジャーハント★2で上書きしても大丈夫。

 

E.ここでリセット

 

F.トレジャーハント★2へ行き,銀の王冠をもらう。

 100FCで銀の王冠が手に入る。

 

G.BからFを繰り返す。

 

1時間ごとに人が入れ替わるので,そこに注意。

 

4.ポケモンバンク

 過去作のポケモンを7世代に一度送れば,二度と過去作に戻すことは出来ないので,以下に記す項目を出来るだけ全て満たしたポケモンを送る必要がある。

 

A.過去作限定の教え技の有無のチェック。

 6世代で言えば,ガルーラのグロウパンチランドロスの馬鹿力等。

 ちなみに,タネマシンガンを遺伝させたキノガッサをタネマシンガンを忘れさせて7世代に送っても,無事に7世代でハートのウロコによってタネマシンガンを覚えさせることが出来るので,躊躇なく過去作限定技を詰め込んだ方が得である。

 

B.個体値を妥協している個体がLv.100かどうかのチェック(主に準伝説・禁止伝説)。

 今のところ,7世代でのポケモンのレベリング環境は決して良いものではない(ふしぎキッチンで簡単にレベルを上げることが出来るが,1日1回が限度でかつフェスコインを大分消費する)ので,ORASのひみつきちのハピナス道場の方がOパワーである経験値パワーも加わり,圧倒的にコストパフォーマンスが良い。

 

C.どの箇所にどれだけ努力値を振っているかの把握。

 今のところ,7世代で努力値を確認するには,いちいち個体値カリキュレーター等を駆使する必要がある(王冠を使用するためにLv.100にするため,暗算で努力値を導くのは多少の労力が必要)。まぁ,ポケリゾートで木の実が比較的簡単でかつ,大量に収穫することが出来るため,努力値を下げる木の実を雑に与えた後にポケリゾートで遊ばせて努力値を振るというやり方でも良いかもしれないので,この項目の優先度はやや低め。

 

D.この個体の代わりになる別の個体はあるかどうかのチェック(主に準伝説・禁止伝説)。
 例えば,6世代産のC抜け5Vの陽気ランドロスを7世代に送ろうと考えているとする。オフラインの大会では,たまにサブイベントや大会が終了した後の参加者同士の対戦で過去作を用いた対戦風景を良く目にする。そのような対戦にも積極的に参加することで,よりポケモンの楽しさ,奥深さがより理解出来ると考える。特に,6世代産の準伝説や禁止伝説等を代表とする厳選難易度の高いポケモンの高個体は非常に貴重であるので,7世代に送る際は,慎重に考えなければならない。簡単に言えば,サブロムをロムリセして性格やめざめるパワーのタイプ等を合わせた適当な個体をA,B,Cの段階を踏んで7世代に送れば良い(例を題材にすると,C抜け5Vの陽気ランドロスを7世代に送るより,A,B,C抜け3Vの陽気ランドロスをLv.100にして馬鹿力と叩き落とすを覚えさせて7世代に送る方が当然良い)。まぁ、ORASのレートのような6世代の対戦でマークありという縛りはないと思うので,乱数出来る人にとってはどうでも良い話だとは思いますが・・・。

 

 この記事を他の人が見ているかどうかは分かりませんが,間違いやこれより良い方法があれば,自分のTwitter(@keima1212ab)やこの記事に気軽にリプやコメントを下さい。

 

US・UMリーグ シーズン8 スペシャル(マーク不問かつ1体のみ全解禁のシングルバトル) 6位(レート1863) 「Hippowdon + Xerneas Final」

 

 US・UMリーグのシーズン8のスペシャルで使用した構築を紹介します。

 

構築経緯

  1.  2017年の10月に第3回ポケモン竜王戦のルールが発表され,シーズン2のスペシャルで大変優秀な成績を収めた上記の構築を軸に挑もうと決意。
  2.  シーズン2のスペシャとは違い,ゼルネアスを使用する上で最も障害となるポケモンである黄昏の鬣フォルムのネクロズマ(以下,日食ネクロズマと記載)とミミッキュの専用Z技(ぽかぼかフレンドタイム)がウルトラサン・ウルトラムーンの新要素として追加されてしまった。それに加えミミッキュについては,シーズン2では開拓されていなかった呪い搭載型が今では多くの人が認知し,使用されていてもおかしくはない程常識化したため,積み構築の課題となった。
  3.  また上の構築では,拘りスカーフ持ちカイオーガ+ミミッキュが大変辛く,ウルトラバーストしたネクロズマ(以下,ウルトラネクロズマと記載)の影響でレックウザボーマンダの使用率が低くなると予想し,マンムーを構築から外し,あまり目立った活躍ができなかったルカリオと化身ボルトロスも構築から外した。最初に,ウルトラネクロズマメガゲンガーメガボーマンダメガレックウザに強い拘りスカーフ持ちのカプ・テテフを拘りスカーフ持ちカイオーガの対抗策として考えたが,結局根源の波動が外れる(15%)という圧倒的な不利なお祈りをしているだけだと感じ,候補から外した。拘りスカーフ持ちカイオーガ限定の対策であれば候補はいくらでもいるが,上記のように汎用性の高さを重視していたため,これに該当するポケモンをなかなか発見できずに,頭を抱えていた。そんな時,竜王戦の考察を一緒に行っていたWCS2017ベスト16のたきさん(@takitaki_20)からのがむしゃら搭載のマンムーの提案をヒントに,がむしゃらを覚えるポケモンで汎用性の高いポケモンを探したところ,がむしゃらの他に追い風やアンコール,置土産等のゼルネアスやボーマンダの積みのサポートができることに加え,特性の悪戯心により,優先度+1の技に変化できる自然の力を覚えるエルフーンに辿り着くことができた。また,ミミッキュ対策としてHD振りのテッカグヤを考えていたが,剣の舞とミミッキュZでテッカグヤは半減でありながらも強引に削られてしまい,対策として出てきたにもかかわらず,ほぼ1:1交換またはシャドークローの急所も考えると最悪突破されかねない悲惨な事態になってしまうことに違和感を覚えた。このことに関して,たきさんはAS振りのボディパージ搭載ハガネZ持ちテッカグヤを提案し打開を図ろうとされていた。正直初めは疑心暗鬼ではあったが,話を聞いてみると,非常に強い型である(詳しくは後述)ことを理解し,採用に至った。このやり取りがなければ,今回の優秀な結果はおろか,この記事を書くことすらもなかったと考えているので,たきさんには非常に感謝している。
  4.  最後の1枠について,まず,ゼルネアスに大きな圧力をかけることができたり,使用率が高いと予想されるミミッキュネクロズマグラードンナットレイクチートメタグロスギルガルド等に対して特性の影踏みを生かしての道連れや高火力のゴースト技によって高確率で相打ち以上の結果を残せるゲンガーを考えた。しかし,不可能ではあるが,メガボーマンダメガゲンガーを同じ対戦で選出したいと考えることが目立ったため,強引ではあるが,メガシンカ前の特性の威嚇により,Zワザ以外のミミッキュの攻撃が致命傷にならないボーマンダの方に軍配が上がり,ゲンガーは候補から外れた。最後の1枠を再び探す前に,竜王戦やシーズン2のスペシャルの環境を軽く振り返ってみたところ,グラードンネクロズマの影響で炎,水,岩,鋼,格闘タイプのポケモンが少ない印象を抱いており,上記のタイプで環境に存在するポケモンは,トリックルームを絡めた低速のポケモンであると判断した。このようなタイプを苦手としており,上を取ってさえいれば相性を逆転できる可能性を秘めているポケモンといえば・・・





















    f:id:Koheibrain:20160913161401g:plain
    コイツですね。
  5.  以上より,ポケモン竜王戦の予選で使用した構築は以下の通りである。

    f:id:Koheibrain:20180315105941j:plain


     結構自信のある構築であったが,単刀直入に言うと,結果はサブロムで最高レート1742,最終レート1710くらいの惨敗だった。レート1742vsレート1760台の対戦のラス1オニゴーリvsミミッキュ対面でミミッキュZ読みの守るを読まれて剣の舞を選択されてしまい,敗北してしまった。読み勝っていれば,予選抜けの可能性があったが,その前の同様の対面で,初手からミミッキュZ使用されたから無理(キレ)。このように,最も警戒していた「はず」だったミミッキュに崩されて敗北した対戦が目立った。理由としては,エルフーンがゴーストタイプに対してほぼ無力であり,置土産でゼルネアスやテッカグヤ等に繋いでも,化けの皮が残っているため,剣の舞や呪いで簡単に切り返されてしまうからである。他にも毒菱展開や滅びの歌搭載のメガゲンガーには為す術もなかった。また,止めを刺すように初見でエルフーンと対面したゲンシグラードンに大地の力を選択したプレイヤーが現れた時,「誰かが自分の構築を晒している」と被害妄想に陥る程,負ける度にシーズン2のスペシャル5位のプレッシャーが重くのしかかり,同時に一緒に考察していた方々に申し訳ない気持ちで一杯だった。
  6.  Twitterポケモン竜王戦の本戦に出場する人がフレ戦を募集しており,このルールが自分にとって不完全燃焼であることから,対戦の意欲は大いにあったが,FF外から多少環境が違うシーズン2のスペシャル5位の成績を掲げて申し込むのに違和感を覚えたため,リプを送ることができなかった(でも,フォロワーのSNOWさんとは対戦させて頂いた(負けた))。そんな自分にあるチャンスが訪れた。ポケモン竜王戦で準優勝されたナインさんが仲間大会を開催したのである。もちろん,自分はこの大会に参加し,3位という結果でこのルールを締めくくることができた(JCSでもそうだが,毎度予選が終わってから構築が完成するのは何なんだ?)。


     ミミッキュに強い憎しみを持ってボーマンダの代わりにギャラドスを入れたが,強いとは思わなかった(ミミッキュに負けたため)。

    f:id:Koheibrain:20180315110059j:plain

    f:id:Koheibrain:20180315110202j:plain

  7.  ポケモン竜王戦の本戦も終わり,一息ついたところにシーズン8のスペシャルバトルの内容がPGLから発表され,その内容がいわゆるシーズン2のスペシャルバトルのウルトラサン・ウルトラムーン版だった。このルールで1ページ目を取ることができれば,ポケモン竜王戦の雪辱を果たすことができると考え,再び考察を初めて見たところ,この構築のエルフーンギャラドスに疑問を持ち始めた。エルフーンについては,上記より言うまでもないが,ギャラドスについては,そもそもS種族値ミミッキュより下回っている時点で,特性が型破りであってもミミッキュに強いとは言えないのではないかと考えた。また,ポケモン竜王戦の本戦の結果からバシャーモレックウザイベルタルの使用率が上がること,命の珠持ちA189アルセウスのA+2神速を耐えられないのは辛いと考えたため,再びボーマンダを採用した。そして,上記の3体とミミッキュ,そして拘りスカーフ持ちカイオーガに対する切り返し,欲を言えば,カバルドン展開を阻害してくるゲッコウガやカプ系に対して強い裏選出の先発要員としてのポケモンを探していたところ,ナインさんがポケモン竜王戦の本戦で使用した拘りスカーフ持ちアーゴヨン上記のほとんどを満たしていたので,ようやく最後のピースが埋まった。

 

 

 以下,使用した構築とその解説です(上記の記事と重複する内容は省略)。

 

f:id:Koheibrain:20160913161401g:plain

 

オニゴーリ 性格:臆病

努力値:172-x-0-0-84-252 実数値:177-x-100-100-111-145

 ゼルネアスに釣られて出てきたポケモン(クチートナットレイテッカグヤ等)は,基本オニゴーリで起点にできるので,ゼルネアスとの相性は抜群です。ミミッキュとゲンガー,バシャーモ以外のオニゴーリの天敵は,環境に全く刺さっていないので,オニゴーリを使用している側にとって追い風でした。

 

f:id:Koheibrain:20170321163023g:plain

 

ボーマンダ 性格:陽気
努力値:4-252-0-x-0-252 実数値:171-187-100-x-100-167→171-197-150-x-110-189

 

  シーズン8のスペシャルでは,欲張って積むことはせずに,ゼルネアスやオニゴーリのために相手のポケモンの頭数を減らすことを念頭に置いて動かしていました。メガレックウザの上を取ることができる重要さを改めて理解しました。

 

f:id:Koheibrain:20180315231034g:plain

 

カバルドン 性格:慎重
努力値:252-0-0-x-252-4 実数値:215-132-138-x-136-68

 

 シーズン2のスペシャルよりは動かし辛かったですが,起点作り要因として申し分ない活躍をしてくれました。努力値をHDに振り切っているお蔭で,カプ・コケコに不意の草結びを打たれてもゲームプランが崩れることはなく,むしろ,拘り眼鏡だった場合は,ボーマンダテッカグヤの積みの起点になるのでカモでした。シーズン8のスペシャルでは,拘りスカーフが1位の癖に,全プレイヤーのカプ・テテフが挑発を打ってきたので,今後,PGLのデータは信用しないでしょう。

 

f:id:Koheibrain:20151130153153g:plain

 

ゼルネアス 性格:控えめ
努力値:156-x-28-228-12-84 実数値:221-x-119-198-120-130

 

 特に語ることはない最強のポケモン上記の記事でも記述していますが,C+2のムーンフォースでほとんどのポケモンが倒せることを意識して動かしていました。あと,特に意識していたわけではないのですが,フェアリーオーラ補正のA156ミミッキュZを確定耐えするみたいです。

 

f:id:Koheibrain:20161226113623g:plain

 

テッカグヤ 性格:意地っ張り

努力値:4-252-0-x-0-252 実数値:173-168-123-x-121-112 

 

  何度も窮地を救ってくれたこの構築のMVP。たきさんには頭が上がりません。カプ・テテフや化けの皮をはがしたミミッキュと対面させてボディパージからの全抜きを狙います。A+1ヘビーボンバーZで耐久無振りのメガレックウザウルトラネクロズマ(ウルトラバーストを促すために,余裕があれば,死に出し前のポケモンをあえて地震や火炎放射で倒していました)を余裕で落とすことができます。一生分の超絶螺旋連撃のエフェクトを見たと言って良いほど,読まれませんでした。ありがとう,テッカグヤ

 

 

f:id:Koheibrain:20180315235417g:plain

 

アーゴヨン@拘りスカーフ 性格:控えめ 特性:ビーストブースト

努力値:4-x-0-252-0-252 実数値:149-x-93-196-93-173
技:流星群 ヘドロウェーブ 火炎放射 蜻蛉帰り

 ナインさんがポケモン竜王戦で使用したそのままの技構成と配分です。臆病でない理由は,C-1の流星群で耐久無振りのメガボーマンダを落とせる等のビーストブーストの恩恵を受けたいためです。ドラゴンZを持たせたい場面もありましたが,ゲッコウガやカプ・コケコ,フェローチェ,拘りスカーフ持ちのカイオーガへの対抗策が失われてしまうため諦めました(恐らくオニゴーリの代わりに上記ポケモンに強いポケモンを採用すれば良いと思いますが,見つけられませんでした)。

 

基本選出1
カバルドン+ゼルネアス+ボーマンダ

 

 困ったらこの選出。数値が高いので,多少の運要素は跳ね返せる可能性があります。

基本選出2
カバルドン+テッカグヤ+ゼルネアス

 

 カプ・テテフミミッキュ,日食ネクロズマに強く出たい時。


基本選出3
アーゴヨン+(ゼルネアス,ボーマンダオニゴーリから2体)

 

 主にグラードン構築に対して。

 

重いポケモン,並び
マンムー

特殊グラードン+呪いミミッキュ
気合の襷持ちゲッコウガ(分かっていたらカバルドンでなんとかなります)

メタグロス(バレットパンチ搭載型は尚更)

キノガッサ
メガジュペッタ(高確率で相打ちにされるので切るポケモンを間違えないことが重要です)

 

成績

 48時間以内に1ページ目達成

 

 最後に、記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば、自分のTwitter(@keima1212ab)に気軽にリプを下さい。

 ここまで見て下さってありがとうございました。

 

インターネット大会(バトルオブシンオウ) 序盤20連勝(23-2) 最終レート1721(49位) 「Choice Band Crobat + Jolly Belly Drum Azumarill」 

 

 先日行われたインターネット大会のバトルオブシンオウで使用した構築を紹介します。

 

構築経緯

  1.  この大会はメガストーンとZクリスタルの使用が禁じられているため,真っ先に2017年に行われた「アローラフレンドリー」と「カントー×アローラ」で優秀な成績を収めた「毒菱(毒々等の定数ダメージ技も含む)+オニゴーリ」に注目。肝心な毒菱を始めとした定数ダメージ要因としてグライオン,ラッキー,ロズレイド(毒菱持ちで最も汎用性が高い),ポリゴン2が頭に浮かんだ。

  2.  この大会が「アローラフレンドリー」と「カントー×アローラ」で最も異なることは,ハッサムが非常に猛威を奮っていることである。「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」で遊んだことがある方はご存じのことかと思われるが,この作品の炎タイプ使いの四天王のオーバの手持ちが「ギャロップミミロップハガネール・フワライド・ゴウカザル」というほど炎タイプが少ないのである(そもそもフワライドの炎要素が鬼火って何だ?)。ポケットモンスタープラチナからヘルガーやブースター,ブーバーン,ヒートロトムが新たにシンオウ図鑑として加わったが,汎用性を考えると低耐久のゴウカザルしか実質存在しないことになる(ヒートロトムは,今大会使用率が高いと予想されるガブリアスマリルリを考えるとウォッシュロトムの方が優位なのではと考えた)。なので,叩き落とすにより,耐久を持ち物に依存しているラッキーとポリゴン2は役割が薄くなってしまうと考え,候補から外した。また,同時に強力な鋼耐性とトリックの通りの良さを評価して,上記よりウォッシュロトムを6世代のシングルで愛用していた型で採用し,ロズレイドには気合いの襷を持たせ,かつ,めざめるパワー炎を搭載させた。

  3.  上記の記事から先発のガブリアスの技をウォッシュロトムのトリックで固定させて後続のポケモンで積む展開が強いと考えたため,マリルリとピクシーを考えた。マリルリの強さは言わずもがな,ピクシーは特性の天然で積んだマリルリガブリアス等のストッパーになる他,アッキの実が発動すれば,強引ではあるがハッサムバレットパンチのダメージが月の光の回復量を下回る。しかし,この環境主流の叩き落とすやトリック,毒々等の多数のベクトルからの自然とピクシーは対抗策を取られているのではないかと怖くなり,採用を断念した。結果論ではあるが,ピクシーを採用していたら勝てた試合もあったので,非常に後悔している(詳しくは後述)。
  4.  ここまでで素早さの速いポケモンが,拘りスカーフを持たせたウォッシュロトムしかいなかったので,ウォッシュロトムとは違うベクトルから上から圧力をかけることができるポケモンが必要であると考えた。具体的には,気合いの襷を持っていると予想されるマニューラゴウカザル,ゲンガーの上を取ることができ,ウォッシュロトムの苦手な草タイプに強いポケモンを所望していた。早速この大会の素早さ種族値一覧表を見ていたところ,クロバットが目に入り,2015年に行われた「トリック・オア・トリート!?」で猛威を奮っていた拘り鉢巻き持ちのクロバットを思い出し,当て逃げできる蜻蛉返り,グライオンオニゴーリの身代わりや,リフレクターを無視できる特性のすり抜けや起点にさせない毒タイプ特有の必中の毒々,超高火力のブレイブバードを覚えることから採用するに至った。
  5.  これで6体は決定したが,ハッサムに対してまだ薄いこととポリゴンZが重いと感じたため,オニゴーリは断念して,命の珠持ちA+2バレットパンチで余程耐久に振っていないポリゴンZは確定で倒せるハッサムをこちらも採用し,同時にロズレイドの毒菱もヘドロ爆弾に変更した。また,本番1週間前に行われたバトルオブシンオウの仲間大会の結果から,マリルリが倒されたポケモンの1位がハッサムだったこと,腹太鼓読みで火炎玉持ちの特性が不思議な鱗のミロカロスをドヤ顔で後投げされて黒い霧を使用されるのが不快だったこと,願望込みではあるが素早さに努力値を少ししか振っていないウォッシュロトムの上を取れることからマリルリの素早さを最速に設定して,この大会に臨んだ。

 

  以下,使用した構築とその解説です。

f:id:Koheibrain:20180227143455j:plain

 

f:id:Koheibrain:20160518165210g:plain

クロバット 性格:陽気

努力値:0-252-0-x-4-252 実数値:160-142-100-x-101-200

 

 この構築のMVP。火力を甘く見ていた相手が多く,このポケモンで3タテする試合もありました。拘りスカーフ持ちの霊獣ランドロスブレイブバードを打っていると考えれば,納得できると思います(わざわざ空を飛ぶを入れてまでも,霊獣ランドロスカイリューにヒコウZを持たせたい理由がよく分かりました)。しかし,クロスポイズンマリルリカットロトムを1撃で倒せないのを見て,「やっぱりクロバットなんだなぁ。」とも感じました。

 

f:id:Koheibrain:20150717162533g:plain

マリルリ 性格:陽気

努力値:4-252-0-x-0-252 実数値:176-102-100-x-100-112

 

 ミロカロスハッサムには,素晴らしい活躍をしましたが,願いは叶わずウォッシュロトムの上はあまり取れませんでした(S無振りグライオンを意識していたと解釈しています)。腹太鼓読みで後投げしてくるゲンガーを始めとした気合いの襷持ちのポケモンや水耐性のあるポケモンを逆に読んでじゃれつくやアクアブレイクを選択したり,アクアジェット圏内のポケモンの交代を読んで腹太鼓を選択したり等,心の強さが問われるポケモンでした。

 

f:id:Koheibrain:20160605230247g:plain

ハッサム 性格:意地っ張り

努力値:172-236-4-x-12-84 実数値:167-198-121-x-102-96

 

 時間がなかったので,上記の構築の配分を流用しました。少し耐久が足りないと感じたので,反省しています。マリルリと同様に心の強さが問われるポケモンでした。

 

 

f:id:Koheibrain:20180227185356g:plain

ロズレイド 性格:臆病

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:135-x-86-177-125-156

 

 リーフストーム使用後の積みの起点の防止のため,毒々を搭載しています。このポケモンも毒タイプなので,外す心配がないのも偉いです。相手の構築にハッサムがいて,ウォッシュロトムと対面した場合はノータイムでめざめるパワー炎を選択していました。

 

f:id:Koheibrain:20180227185506g:plain

グライオン 性格:慎重

努力値:212-0-44-x-252-0 実数値:177-115-151-x-139-115

 

 火力アイテムなしのウォッシュロトムハイドロポンプ(7/8で耐える)や不意のめざめるパワー氷を強引に受けるために特殊耐久に振り切っています(H179D139でも乱数は同じ)。なのに,1/2くらいの確率で倒されたので運負けですね。 

 

f:id:Koheibrain:20150716053724g:plain

ウォッシュロトム 性格:控え目

努力値:12-x-4-252-20-220 実数値:127-x-128-172-130-134

 

  6世代のシングル程の活躍はできませんでしたが,後続のマリルリハッサムグライオンを動きやすくさせるのに貢献しました。ミラーの拘りスカーフ持ちの判定のため,あえて素早さを落としています。

 

基本選出1

クロバット+グライオン+ハッサム or マリルリ

 

基本選出2

ウォッシュロトム+グライオン+ハッサム or マリルリ

 

基本選出3

ロズレイド+(状況に応じて2体)

 

成績

  •  20連勝達成(都合の良いように切り貼りしているのではないかという疑惑を打ち消すために,あえてトレーナーを被らせて切り貼りしています)
  •  最終レート1721
  •  証拠はないですが,最高レート1791(23-2)

f:id:Koheibrain:20180227181756j:plain

f:id:Koheibrain:20180227181804j:plain

f:id:Koheibrain:20180227181808j:plain

f:id:Koheibrain:20180227181813j:plain

 

感想

  •  多くの人が特性がダウンロードの速いポリゴン2や特性がマジックガードのピクシーを使用していたので,特性が天然のピクシーをあまり選出しなかったロズレイドと変更すれば,良かったと思います。
  •  構築は強かったですが,使用者が弱かったという残念な結果に終わってしまったので,この悔しさを力に変えてまた頑張っていきたいと思います。

 

 最後に,記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば,自分のTwitter(@keima1212ab)に気軽にリプを下さい。
 
 ここまで見て下さってありがとうございました。

 

VGC2017 Tapu Koko + Raichu-Alola & Rain Final 【Bo3 Cup Final Best8】

 

f:id:Koheibrain:20170801143934p:plain

 

 前回のVGC2017の記事の続きです。

 

構築の経緯

 

1.JCSでのアローラガラガラの予想外の多さに自分の計画が破壊されてイライラしたので,アローラガラガラに最高に殺意を持ったカプ・コケコ+アローラライチュウの構築を組もうと考えたのがきっかけ。

 

2.アローラガラガラを簡単に黙らせることが出来る構築として,始めに考えたのは「雨」構築だった(前回の記事で,雨構築は自分の考えに当てはまらないと記述していたが,アローラガラガラを殺すためには多少考えが歪んでも仕方がない)。また,JCSでは,トリックルーム後のポリゴン2+ギガイアスにも為すがままにやられていたので(前回の記事では,フェローチェアローラライチュウを先発に繰り出して意地でもトリックルームを使用させない構えを取っていた。しかし,先発ウインディカプ・レヒレまたはカプ・テテフを繰り出して,初手の選択で,フェローチェに攻撃を集中して意地でも倒しに来て後発にポリゴン2ギガイアスを忍ばせてトリックルームを安全に使用し無双するプレイヤーが現れたり,そもそもフェローチェという存在が使用する側,使用される側双方にとって択の塊であり安定行動がなかったので,択を外したときのショックが大きかった(飛び膝蹴りを4回くらい外した)。),その対抗策として,黒い鉄球持ちのオニシズクモをJCS前に考えていた(1度は使用したいと思っていた)。しかし,ギガイアスの物理耐久は高く,持ち物無しのアクアブレイクを確定で耐えられるので,前回の構築では,持たせる意味が無く,断念してしまったが,今回は雨を取り入れているので,持たせる意味は大いにあると感じ,採用した。

 

3.最後に,カプ・コケコ+アローラライチュウの構築を今まで使ってみて,相手のカプ・コケコが面倒だと感じたので,アローラライチュウと相性が良く,カプ・コケコが処理を手間取るカプ・テテフに拘りスカーフを持たせ,水タイプを3体構築に入れたことで,相手のカプ・コケコに見せてしまった隙を埋める形にした。

 

 以下,使用した構築とその解説です。

 

f:id:Koheibrain:20170801141840j:plain

 

※INC May終了後からアローラライチュウのアンコールを猫騙し,オニシズクモの吸血を虫食いに変更

 

f:id:Koheibrain:20170513171722g:plain

アローラライチュウ 性格:臆病

努力値:0-0-4-252-0-252 実数値:135-94-71-147-105-178 (6V個体)

 

 VGC2017ルールにおいて,このポケモンには誰にも負けない思い入れがあるので,記述したいことはたくさんありますが,要点を絞って紹介します(それでも,結構記述していますが・・・)。まず,猫騙しを搭載していることから,今回は6V個体での採用です。技構成については,10万ボルトとサイコキネシスは確定として,ボルトチェンジは,素早さと縛り性能が高いが耐久が脆いのが悩みどころのアローラライチュウを出来るだけ生かしておきたいために当て逃げとして使用したり,エレキフィールド上では,攻撃の順番がアローラライチュウ→カプ・コケコになるので,アローラライチュウボルトチェンジからペリッパーを出し,ペリッパーの特性の雨降らしにより,天候を雨に変更して,カプ・コケコの雷を必中で当てるというプレイングが出来ます(特性の砂起こしによる特殊耐久の付与の恩恵で胡座をかいているギガイアスに一泡吹かせることも可能です)。そして,猫騙しについては,カプ・コケコ+アローラライチュウ先発で苦手なカミツルギギガイアスを含めた先発を相手が選択していたとき,出し負けをやや優勢に変えることが出来ることを期待して採用しました。実際,猫騙しのお蔭で助かった試合もたまにあったので,アンコールよりも優先すべき技だと感じました(ゴルダックにアンコールを搭載させているということも要因)。

 最後に,皆さんが気になっていると思われる持ち物について記述していきます。前回の記事の構築をJCSやその前のレートで使用していたときに,相手のカプ・コケコがエレキフィールド上のアローラライチュウを目の前にして,やたらと突っ張ってきたとことに非常に違和感を覚えました。なぜなら,CS個体だとアローラライチュウサイコキネシスZで倒されてしまうからです。なので,持ち物をエスパーZにしたのが最初の動機で,実際,エスパーZを採用することによって,DJパやドレディア+コータス始動の構築,単体では,カプ・コケコの他にガブリアスカプ・ブルルにも強く出られるのが優秀過ぎました。自分の中での評価は,エスパーZ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>アロライZと言っても過言ではない程,アロライZは弱いと思っています。

 

f:id:Koheibrain:20171111003719g:plain

ゴルダック 性格:臆病

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:155-x-99-147-100-150

 

 特に説明する必要は無いテンプレのポケモン。火力を削るのは痛いですが,最速フワライド対策に最速にしました。お蔭で,カプテテフ+フワライド始動の構築に対しての勝率が跳ね上がりました。アンコールは読まれやすいですが,フワライドを置物にしたり,平気でゴルダックの前で変化技や猫騙しをたまに打たれたりするので,必須技だと思います。

 

f:id:Koheibrain:20171111003756g:plain

ペリッパー 性格:控えめ

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:135-x-121-161-90-117

 

 この構築の軸となるポケモン。余程のことが無い限り,選出に組み込んでいました。ミラー対面だと先攻するのに50%以下のお祈りになってしまいますが,潮水や暴風の火力は絶対に削ることは出来ないため,性格は控えめでの採用となっています。このポケモン気合いの襷を持っていることから,守るの必要性をあまり感じなく,試しにワイドガードを代わりに搭載してみたところ,この技が強すぎました。面白いように引っかかってくれたので,楽しかったです。

 

f:id:Koheibrain:20170513171931g:plain

オニシズクモ 性格:勇敢

努力値:252-252-0-x-4-0 実数値:175-134-113-x-154-42 (パワーレンズ込みでS実数値21)

 

 一度は使用してみたかったポケモンペリッパーと組み合わせることで,課題であった火力不足を解消できるのが非常に大きかったです。ゲームフリークが「このポケモンに黒い鉄球を持たせて下さい」と言っているかのような露骨なS種族値(黒い鉄球込みで最遅20族-1)をしているのがとても有り難かったです。持ち物はパワーレンズを持たせており,黒い鉄球より相手の思考を5秒程妨害できると思います(物理型ということもあるので)。姑息な手段ではありますが,1ターンの選択時間が45秒のルールにおいては,1秒でも相手の思考を妨害できる戦術はとても有効であると思います。技構成については,アクアブレイクと守るは確定として,雨+アクアブレイクで倒せない,または,乱数で耐えられる回復木の実持ちがメジャーなポケモン(カビゴンアローラベトベトンカプ・レヒレ等)を意識して虫食い,あるだけで安心するワイドガードを搭載しました。ワイドガードをあまり使用しなかったこと,虫食いによる回復のシナジーを考えての身代わりやこの構築は,カプ・ブルル+トリックルームの構築に苦戦を強いられるため,ピンポイントではありますが,毒突きを搭載するのも良いかと思われます(確定では倒せないので注意)。

 

f:id:Koheibrain:20170513171521g:plain

カプ・コケコ 性格:控えめ

努力値:4-x-0-252-0-252 実数値:146-x-105-161-95-182

 

 ペリッパー+ゴルダックの組み合わせは火力がやや心もとないため,最初は拘り眼鏡で採用していましたが,守るを使用したい場面が結構あったため,命の珠での採用となりました。性格については,フィールド補正無しでH177D150のカプ・レヒレへの雷が中乱数(7/16)から高乱数(7/8)に変わるのを大きく評価して控えめにしました(この構築で強引に処理していきたいカビゴンアローラベトベトンに出来るだけダメージを与えたいのも要因)。技構成については,マジカルシャインと守る,上述と雨との相性の良さから雷も確定として,ボルトチェンジについては,前回の記事にも記述した通り,エレキフィールドが最も維持しにくいフィールドであるので,当て逃げして再展開を狙ったり,カプ・コケコが受けたくない技(地面技やカプ・テテフのサイコフィールド補正のサイコキネシス等)をペリッパーカプ・テテフが受けて被害を最小限に止めたり,先発でこちらのカプ・コケコとアローラライチュウエレキフィールド展開を妨害するポケモン(特に,カプ・ブルル)を相手が繰り出してきたとき,カプ・コケコのボルトチェンジからカプ・テテフに交代して,アローラライチュウのサイコフィールド補正のサイコキネシスZで吹き飛ばしたり等,プレイングの幅が大きくなるので搭載しました。あと,たまに初手からカプ・レヒレに素雷(70%)を打つ場合があります。あちらも平気で濁流を両当て前提で打ってくる(72.25%)ので,文句は言えないでしょう。

 

f:id:Koheibrain:20171111004137g:plain

カプ・テテフ 性格:控えめ

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:145-x-96-200-135-147

 

 そういえば,この構築の6体全ての努力値配分が振り切りですね。小学生かな?

 構築経緯で記述した通り,ここまでの5体でカプ・コケコに隙を見せているので,拘りスカーフを持たせました。副産物として,カミツルギウツロイドの処理に余裕が生まれたのも大きかったです。準速だと最速フェローチェや拘りスカーフ持ちの耐久に振っているガブリアスの上を取ることは出来ませんが,その2体はペリッパー+ゴルダックとカプ・コケコ+アローラライチュウで何とかなるので,火力を求めて性格を控え目にしました。技構成については,サイコキネシスムーンフォースマジカルシャインは確定として,4枠目の技について,非常に悩みました。カプ・コケコとアローラライチュウがいるのに10万ボルトは微妙ですし,シャドーボールは範囲は優秀ですが,威力80という火力が足を引っ張りかねないですし,気合い玉は命中不安な上に,当てたいポケモン(カビゴンポリゴン2等)は1撃では倒れません。そのような中,雨とエレキフィード展開はどちらともトリトドンが重いし,最近,蓄えるZ型のトリトドンが注目されてきたから軽視はできないと感じたため,エナジーボールを搭載することを決めました。超ピンポイントな技ではありますが,そもそも4枠目の技を使うことが滅多にないこと,遊び半分で搭載して実際そのお蔭で蓄えるZ型のトリトドンに勝てたこと,ミストフィールド上のカプ・レヒレに対する最高打点であることから採用して正解だったと思っています。

 また,努力値については,ウツロイドのヘドロ爆弾に対してどうしても受け出さないといけなかったり,ガブリアスのダブルダメージの地震を2耐えする必要性を感じたりする場面があったので,変更する必要がありますが,良い配分が思いつかないこと,拘りスカーフ持ちのカプ・テテフに隙を見せたくないこと,あまり火力を削りたくないことの3点からCS振り切りのままで使用しています。何か良い配分があれば教えて下さい。

 

基本選出1

先発

カプ・コケコ アローラライチュウ

 

後発

カプ・テテフ ペリッパー

 

基本選出2

先発

ゴルダック ペリッパー

 

後発

カプ・コケコ カプ・テテフ

 

トリックルームに対しての選出1

先発

カプ・コケコ アローラライチュウ

 

後発

オニシズクモ ペリッパー

 

トリックルームに対しての選出2

先発

ゴルダック ペリッパー

 

後発

オニシズクモ カプ・コケコ or カプ・テテフ

 

この構築で辛いポケモン,並び

アローラベトベトン

トリトドン+トリックルーム展開

カプ・ブルル+トリックルーム展開

突撃チョッキ持ちメタグロス

拘りスカーフ持ち耐久振りカミツルギ

蓄える搭載カビゴン

トリトドン+アローラガラガラ+テッカグヤ(無理)

イーブイ

 

成績

・ひいあさん主催の「Bo3 Cup Final」で予選スイスドロー4-2の8位抜け,決勝トーナメント1回戦落ちのベスト8。

・S4のWCSレート最高2位(レート1925)

 f:id:Koheibrain:20171111010739p:plain

 

感想

・JCSが終了後,自分と同じくカプ・コケコ+アローラライチュウ軸の構築を考えていたTwitterのフォロワーさんがペリッパーを構築に組み込んでいたことを思い出したことがこの構築を生み出せたきっかけでもあるので,感謝しています。

・3年連続JCSが終了後に構築が完成するという計画性が全く無い自分ではありますが,JCS期間中に「カプ・コケコ+アローラライチュウは全然勝てないから弱い,終わった」と一瞬でも考えた自分を見返すような構築が出来て,満足してVGC2017を終えられそうです。来年こそは・・・

 

 最後に、記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば、自分のTwitter(@keima1212ab)に気軽にリプを下さい。

 

 ここまで見て下さってありがとうございました。

 

インターネット大会(シャドースチール) 62位(1747) 「HBテッカグヤ+ジメンZジガルデ」

 

 先日行われたインターネット大会のシャドースチールで使用した構築を紹介します。

 

構築経緯

1.このルールが発表されてから,自分も含め,皆さんが真っ先に考えたのが拘りスカーフ持ちスカイフォルムのシェイミの特性の天の恵みを生かしたエアスラッシュの怯みによる展開だと考えた。他の記事で何度も記述しているが,自分は同速勝負が嫌いなため,使用するとしたら怯みによる展開の他にトリック等の奇襲も仕掛けられるジラーチの方が自分の精神的にも良いと判断した。

 

2.シェイミジラーチデオキシスが今大会の幻枠3強だと考察初期は考えていた(マーシャドーシェイミジラーチの怯みに屈すると考え,軽視していた)ので,この3体に強いテッカグヤがこの環境を支配することに真っ先に気付くことが出来た。これにより,S1のスペシャルレートの経験からテッカグヤに圧倒的に強い身代わり搭載のジガルデ,また,テッカグヤに強く,特性の加速により高速低耐久のポケモンに上からダメージを入れられる可能性が高いバシャーモを採用し,デオキシスと同じ構築に組み込まれやすいカプ・テテフを完全に抜き去りたいため,最速でバシャーモナイトを持たせた。

 

3.相手のデオキシスにやや受け身になっていたので,こちらも最低限の仕事が出来る気合いの襷持ちのアタックフォルムのデオキシスと拘りスカーフ持ちのシェイミ対策として,拘りスカーフ持ちのフェローチェを採用して,最後にジラーチを入れて完成だと思ったが,不意のオニゴーリ等による積み展開の阻止(後投げしてもこちらの技が当たればそれで十分)やデオキシス対面では有利であることを評価してジラーチの代わりにマーシャドーを採用し,以上の6体で今大会に臨んだ。

 

 以下,使用した構築とその解説です。

 

f:id:Koheibrain:20170916174815j:plain

 

f:id:Koheibrain:20170916173809g:plain f:id:Koheibrain:20170916174001g:plain

バシャーモ 性格:陽気

努力値:0-252-0-x-4-252 実数値:301-339-176-x-177-284→301-388-196-x-197-328

 

 持ち前の単体性能は維持しながら,テッカグヤとジガルデのお膳立ても出来る優秀なポケモン。上述より性格は陽気で,ジラーチに同速勝負を仕掛けるために努力値はASに振り切りました。技構成については,格闘技が必要だと思う場面が全くイメージ出来なかったため,フレアドライブワンウエポンで使用しました。実際に,格闘技が必要だと思った場面が無かったのでこの選択については正解でした。

 

f:id:Koheibrain:20170916174050g:plain

デオキシス 性格:無邪気

努力値:0-4-0-252-0-252 実数値:241-397-76-459-68-438

 

 なんでコイツは使えるのかと皆さんが突っ込みを入れたくなるほど、雑に扱っても強いポケモン。技構成については,冷凍ビームはジガルデ,10万ボルトはテッカグヤ意識で残りの技は説明するまでも無いと思います。赤いゲノセクト(神速持ち)の特性のダウンロード意識で性格を無邪気にしましたが,ゲノセクトは,火炎放射や冷凍ビームも覚えるので,デオキシスが気合いの襷を持っていることから性格をせっかちにした方が良かったのかもしれません。

 

f:id:Koheibrain:20170117232200g:plain f:id:Koheibrain:20170117232309g:plain

ジガルデ 性格:意地っ張り

努力値:12-244-0-x-0-252 実数値:360-326-278-x-226-289 (50%フォルム) →576-326-278-x-226-269 (パーフェクトフォルム)

 

 今大会最強と考えているテッカグヤに圧倒的に強いポケモン。まさかこのポケモンを再び使用するとは考えてもいませんでした(ジガルデセル・コアを真面目に集めました)。火力が足りないため性格は意地っ張りで,少しHPに努力値を振っている理由は身代わり2回でパーフェクトフォルムになることが出来るからです。ジガルデミラーを出来るだけ制したい(積み技がとぐろを巻くなので)ためSは振り切っているのでAに振り切れなかったのは少し違和感がありました(HP個体値30にすればHP実数値が356(4n)になります)。技構成のとぐろを巻くについては,素早さのランク上昇はバシャーモのバトン展開から受けられることと物理攻撃に対して身代わりを残せる可能性が高くなることとジガルデミラーに強く出られることの3点から竜の舞より優秀であると判断しました。

 持ち物については,パーフェクトフォルムになっても何故かA実数値が上がらないので,処理速度の遅さ(=被弾回数の多さ)が気になりました。そこで,試しにジメンZを持たせてダメージ計算をしてみたところ,仮想敵(ジガルデ,カプ・レヒレマギアナ,サウザンアローを受けたテッカグヤ等)に上手い具合のダメージだったので,採用することに決めました。

 

 

f:id:Koheibrain:20170513172144g:plain

フェローチェ 性格:やんちゃ

努力値:0-252-0-4-0-252 実数値:283-410-110-311-99-401

 

 対拘りスカーフ持ちシェイミ特化型。しかし,シェイミにあまりマッチングしなく全然選出しませんでした。そこまでいなかったのなら,自分もシェイミを使えば良かった・・・。

 

f:id:Koheibrain:20161226113623g:plain

テッカグヤ 性格:腕白

努力値:252-0-252-x-0-4 実数値:398-238-335-x-238-159

 

 今大会最強だと考えたポケモン。たとえ不利な相手でも,身代わりを残すまたは宿り木の種を蒔いて対面してしまえば,相性を逆転できるスペックを持っているのは,使っている自分からしても壊れていると感じました。努力値を振らなくても良い火力が出る,バシャーモの剣の舞の恩恵,使用可能な特別のポケモンの重さが軽いことや低耐久なことの3点から物理型を選択しました。Bに努力値を振り切っている理由は,ジガルデやマーシャドーメガボーマンダ等を意識していたからです。

 

f:id:Koheibrain:20170916174342g:plain

マーシャドー 性格:陽気

努力値:0-252-4-x-0-252 実数値:321-349-197-x-216-383

 

 自分のテッカグヤと相手のジガルデが対面してしまい,身代わりから起点にされて無双されたり,とぐろを巻くや竜の舞を積んだジガルデのサウザンアローでこちらのジガルデが急所に当たって負けてしまったり等の保険のため採用しました。上述より気合いの襷を持たせることは確定で,ミラーは絶対多発すると考えていたので努力値をASに振り切りました。技構成の冷凍パンチは,ジガルデ意識です。神速を無効に出来るゴーストタイプなのが強すぎました。

 

基本選出

デオキシス or バシャーモ+テッカグヤ+ジガルデ

 

 デオキシスで序盤場を荒らしてから後続に任せるか,序盤からテッカグヤやジガルデで場を荒らしていくかの戦い方が多かったと思います。デオキシスとジガルデとマーシャドのうち2体が同じ構築にいる構築に関しては,先発をマーシャドーにしたり,テッカグヤにしたりする措置をとります。

 

 成績

 

f:id:Koheibrain:20170916174844j:plain 

感想

・中途半端な成績ですが,その理由は,冗談抜きでとにかく運が悪かっただけなので,構築自体はとても強いこと(マッチング当時のレート1824には勝っています),今大会は過疎っていたため,レートが微妙な割には順位が思ったより高かったことからこの記事を書くのに至りました(威張るマーシャドーマジで許さないからな)。

 

 最後に,記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば,自分のTwitter(@keima1212ab)に気軽にリプを下さい。
 
 ここまで見て下さってありがとうございました。

 

インターネット大会(ポケモン危機一髪!) 5位 レート1869(36-6) 「光と影」構築

 

f:id:Koheibrain:20170801110831p:plain

 

 先日行われたインターネット大会のポケモン危機一髪!で使用した構築を紹介します。

 

構築経緯

1.この環境は,持ち物が弱点を半減する木の実と弱点保険のみであることから,素早さ種族値が高い,かつ,技範囲の広さまたは優秀なサポート技を覚えるプテラマニューラゲッコウガの3強が支配していると考え,真っ先に構築に組み込もうとした。しかし,この3体を使うということは,まず,「同速勝負」という4文字が脳裏に浮かび,それに加え,たまに外す岩雪崩や氷柱落とし,ダストシュートをメインウエポンに据えているので,安定しないと考え,この3体に関して,最初は一歩引いて考えてみることにした。

 

2.3強に有利な並びとして,ルガルガン+ギガイアス(バンギラス)が「下のレート」で多いと予想した。ここで,改めて3強をそのまま構築に組み込んで,レート差マッチで「プテラの同速勝負に負けて岩雪崩で怯んだのが致命傷になって負けた」や「ゲッコウガのダストシュートをトゲキッスに外したため,追い風を決められて負けた」等が起きて,レートを20以上吸われたと考えるとメンタルも破壊されるので,コンボが決まりやすい下のレートでほとんどのポケモンを1撃で倒せるエルフーン+テラキオンを採用した方が良いと考えた。

 

3.エルフーンテラキオンと並べることで,エルフーンがサポートに徹する型(ムーンフォースを持っていても,C無振りで確定数を少しズラす程度の火力しかない)と思い込ませられるので,カプ・ブルルを採用することによって一致技(1.5倍)とフィールド(1.5倍)で強化された自然の力(エナジーボール)を特性の悪戯心により,優先度+1で叩き込むことで,3強と砂下のルガルガントリックルームを使用されてもヤドランやギガイアスドサイドン等に対して有利に展開できることを期待した。

 

4.エルフーンの追い風展開や相手が見えないアンコールに怯えて,エルフーンの前では守らずに積極的に動いてくることが多いと予想し,エルフーンの攻撃を通しやすくするために,この環境最速の猫騙し持ちであり,3強の1角であるマニューラを採用した。また,3強とルガルガン+ギガイアス(バンギラス),テラキオン等のトップメタに大きな圧力をかけることができ,遅いポケモンには催眠で拓を誤魔化す器用さも兼ね備えているキノガッサ,相手の袋叩き展開を封殺し,追い風やこの指とまれといった味方のサポートと特性の天の恵み+エアスラッシュによる拓の誤魔化しができるトゲキッスを採用し,メインロムは以上の6体で臨んだ。

 

 メインロム 全37戦 30勝7敗 レート1801

 

f:id:Koheibrain:20170731140345j:plain

 

5.メインロムでの反省は2つあり,1つ目は,相手のグラスフィールド補正の草技に受け身になっていたこと(カプ・ブルルダダリンを始めとした草タイプへの有効打の少なさ)。2つ目は,「エルフーンにアンコールがあれば・・・」と思う試合が結構あったこと。1つ目に関しては,インターネット大会に挑む前には想定もしていなかったダダリンアブリボンに強く,トリックルーム始動要因に大きな圧力をかけられるシャンデラカプ・ブルルの代わりに採用。2つ目に関しては,カプ・ブルルを構築から外したことにより,エルフーンの自然の力をアンコールに変更した(予想していた砂下のルガルガン展開にあまりマッチングしなかったのも要因)。

 

 以下,サブロムで使用した構築とその解説です。

 

f:id:Koheibrain:20170731142009j:plain

 

f:id:Koheibrain:20150726025011g:plain

キノガッサ 性格:意地っ張り

努力値:0-252-4-x-0-252 実数値:135-200-101-x-80-122

 

 1ダメージでも多くのダメージを与えたかったので,最速を諦めましたが,そのことによって困ったことはありませんでした(記憶上,ミラー対面は無かったはず)。上のレート帯になると,当然対策されているので,選出率は低めでしたが,それでも見せ合いでの圧力として貢献してくれたと信じています。

 持ち物は,エルフーンの前でも1回は動けるロゼルの実を採用しました。強いエルフーン使いに当たらなかったため,メイン・サブ合わせて1回しか発動しませんでしたが・・・。

 

f:id:Koheibrain:20160520020258g:plain

マニューラ 性格:陽気

努力値:0-252-4-x-0-252 実数値:145-172-86-x-105-194

 

 3強のうちの1角。特性が緊張感のプテラのダブルダメージ岩雪崩を耐える(こんな火力だからプテラを使いたくはありませんでした)ので,「怯まなければ」このポケモンが最強と言っても過言ではありません。

 持ち物は,ヨロギの実を持たせました。そのお蔭で目の前の岩タイプ(テラキオンギガイアスバンギラス)を放置するプレイングも選択肢に組み事が出来たので,正解だったと思います。

 

f:id:Koheibrain:20150725044019g:plain

トゲキッス 性格:控え目

努力値:116-x-36-156-4-196 実数値:175-x-120-176-136-125

 

 なんでもできる便利屋。調整は最速マンムーの氷柱落とし確定耐え,最速バンギラス抜きです。技構成の波動弾は,マニューラ意識です。優秀なポケモンでしたが,耐久や火力,素早さについて常に疑問を抱きながらバトルしていたので,もっと良い調整があるはずです。良い耐久をしており,持ち物の弱点保険とも非常にマッチしていました。

 

f:id:Koheibrain:20150719034932g:plain

エルフーン 性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252 実数値:135-64-105-129-96-184 (A0個体)

 

 この構築の影のMVP。相手の注目をテラキオン(光)に集め,ふと気付いたら,相手は数的不利か両縛りの状況をいとも簡単に作ることができるこの環境で最強の仕事人でした。

 持ち物は,マニューラ意識のヤチェの実を持たせました。

 上のレート帯では,袋叩き展開は無理だと分かっていましたが,下のレート帯でも,袋叩き展開をすることがあまりなかったため,ワンチャン掴める自然の力(フィールド無しならトライアタック)を代わりに入れても良かったかもしれません。メインでレート1750くらいの人のプテラに劣勢の状況からトライアタックを打って1発で凍らせて逆転勝ちした犯罪をしました。前の試合で岩雪崩を両外しして負けたので許して下さい。

 

f:id:Koheibrain:20150723121028g:plain

シャンデラ 性格:臆病

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:135-x-111-197-110-145

 

 大会3日目の17時から孵化して急いで育成した個体。その労力に見合った活躍を見事にしてくれたので,頑張った甲斐がありました。メインロムでは草タイプの猛攻や意地でもトリックルームを使用してくる構築に苦しめられましたが,シャンデラを入れたサブロムではその不安を大いに解消することができました。

 持ち物は,マニューラ意識のナモの実を持たせました。

 

f:id:Koheibrain:20150719014033g:plain

テラキオン 性格:陽気

努力値:20-236-0-x-0-252 実数値:169-179-110-x-110-176

 

 この構築でエルフーンを最強にした意味ではMVP。しかし,敵(ゲッコウガアブリボンラティオス等)が多すぎて選出した時は,針の穴に糸を通す気持ちで頭を働かせていました。少しHPに努力値を振っている理由は,テッカニンの命がけ意識で,実際にはマッチングしませんでしたが,ラティオスの草結びをHP1で耐えてテンションが上がり,「意味を見出した!」と思ったのに岩雪崩を外したので,DSを投げました。

 技構成の電光石火は,知る人ぞ知る優先度+1の岩雪崩をやってみたかったからです。しかし,エルフーンの個別解説でも記述した通り,袋叩き展開の機会すらあまり無く,そのことについては机上論だと反省しましたが,電光石火のお蔭でメイン・サブ合わせて4戦の負けを勝ちに変えた(メインでは,相手が追い風の状況で,残りHP3割くらいのラティオスエルフーンのトライアタックと合わせて倒す珍プレイングもしましたw)ので,結果的に大正解でした。

 持ち物は,ミラーやキノガッサマニューラ意識のヨプの実を持たせました。この構築では,全てのポケモンマニューラを意識させることで,相手のマニューラとの同速に負けても巻き返せる可能性を残しています。プールが狭い環境ならではの運負けを減らす戦略です。

 

 基本選出は,先発がエルフーンマニューラで後発がトゲキッステラキオンの選出が多かったです。テラキオンが置物になると予測される構築や格闘・炎の通りが良い構築には,キノガッサシャンデラを代わりに選出に組み込んでいました。 

 

成績

 

f:id:Koheibrain:20170807100105j:plain

 

 

感想

・今回の構築は,あまり自信がなく,岩雪崩の怯みや技外し連発の闇を経験しながらもメインでレート1800台に乗せて,サブは失うものはないという覚悟で臨めたことが一番大きかったと思います(TLでレート1800台から大幅に溶かした人を知って怖くなったので)。

・セジュンが最終レート1890台であることを知り,サブで20戦残してレート1800に到達したので,セジュンを超そうと頑張りました。しかし,先制技を駆使して自分の展開に持っていく構築なので,それを封殺するアマージョ(ハギギシリに対しては,ナモの実を所持していても,マニューラの叩き落とす+エルフーンムーンフォースで落とせるので,そこまで苦労はしませんでした)に5戦程マッチングしてしまい,その中の2戦を落としたり,怯んではいけないところで怯んだり等でその可能性が無くなり,加えて,直近の2戦を運で劣勢の状況を優勢に変えたので,残り3戦でその報いが来るのではないかという怖さで保存する形を取りました。

 

 最後に,記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば,自分のTwitter(@keima1212ab)に気軽にリプを下さい。

 

 ここまで見て下さってありがとうございました。