読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohei's brain

Twitterアカウント:@keima1212ab

インターネット大会(戦う!ピカチュウ大会チュウ!)49位(1810) 「エレキブルは見せポケ!?」構築

f:id:Koheibrain:20150901142114p:plain

 

f:id:Koheibrain:20150901142144j:plain

 

先日行われたインターネット大会の戦う!ピカチュウ大会チュウ!で使用したPTを紹介します。

f:id:Koheibrain:20150901142519g:plain

ライチュウ 性格:陽気

努力値:204-4-44-x-4-252 実数値:161-111-81-x-101-178

 

 このPTの要。猫騙しや手助け、アンコールで隣のサポートをするだけでなく叩き落とすで相手の持ち物を飛ばせるためヘイトを集めやすく置物になりにくかったのが優秀でした(叩き落とすのところを甘えると迷っていましたが、ライチュウ自身も攻撃できる叩き落とすを選択して正解でした)。同速猫騙し負けとアンコール負けは正直折れました(元から運悪いですからね、しょうがない)。また、このポケモンは皆さんもご存じ「ピカチュウ」の進化系なのでピカチュウより強いのは当たり前ですね。

f:id:Koheibrain:20150901144553g:plain

エレキブル 性格:陽気

努力値:0-252-4-x-0-252 実数値:150-175-88-x-105-161

 

 ニコ生主のカピ吉さん(co2328120)からもらった、今大会のKP1位。大会前からKP1位の予想が立てられていたので、当然メタを張られているので動かしづらく見せポケになることもしばしばでした。エレキブルの攻撃技は地震と岩雪崩だけで十分だと思っていたので、守るによるターン稼ぎの阻止やミリ耐えしたポケモンを上から仕留めるためにフェイントを採用しました。結局、このポケモンの持ち物は拘りスカーフを除いて何が正解だったのか分かりませんでした。

f:id:Koheibrain:20150901150130g:plain

マルマイン 性格:臆病

努力値:204-0-0-x-52-252 実数値:161-49-90-x-107-211

 

 今大会でエレキブルデンリュウよりも対策しなければならないと言い切れるほど強かったポケモン。なぜなら、マルマインは今大会で数値上では一番速いポケモンで、また、拘りスカーフ持ちのポケモンマルマインの上を取っても手助けや急所、氷等の要因が無ければ一撃では倒せないからです。以上のことからマルマインは少なくとも1回は行動が保障されるので威張るにより勝率はグッと上がります。電磁浮遊については味方のエレキブル地震をかわしたり、ライチュウのアンコールで地面技を固定させて置物化したり等が出来たので採用して良かったと思います。

f:id:Koheibrain:20150901152309g:plain

シビルドン 性格:意地っ張り

努力値:244-252-0-x-0-12 実数値:191-183-100-x-100-72

 

 特性と持ち物の恩恵により躊躇いなく後投げ出来る信頼していたポケモン。想像以上に耐久があって驚きました。技構成については持ち物を飛ばせる叩き落とす、エレザードを一撃で落としたり回復して乱数をズラすことが出来るドレインパンチ、メガデンリュウにタイマンで勝てるドラゴンクローまでは確定で、最後の枠は行動が固定されない攻撃技で最高火力の恩返しを採用しました(今、思えばロトムの鬼火やマッギョの熱湯が面倒だったので空元気でも良かったのかもしれません)。

f:id:Koheibrain:20150901155417g:plain

ライボルト 性格:控えめ

努力値:36-x-36-248-0-188 実数値:150-x-85-171-80-149→150-x-105-204-100-179 (31-x-31-30-30-31個体)

 

 今大会で使用できるメガシンカポケモンのうちの1体。メガデンリュウはミラーのS振りチキンレースが開幕するため使用しませんでした。H252振りカット・フロストロトムをオーバーヒートで確定で倒すために性格は臆病ではなく控えめを採用しました(ライチュウよりSが高いポケモンに上を取られても支障がなかったのもその要因です)。バークアウトについてはターンをかけて詰めながら倒す戦法は自分のPTには合わなかったため、代わりにオーバーヒートを使いたくない時に打てる火炎放射を採用しました。

f:id:Koheibrain:20150901161413g:plain

エレザード 性格:控えめ

努力値:36-x-76-248-0-148 実数値:142-x-82-176-114-148 (31-x-31-30-30-31個体)

 

 このPTのエースであり、MVP。上から破壊光線(✝Hyperbeam✝)やハイパーボイスを打っているだけで相手のポケモンをサクサクと倒すことが出来る強いポケモン準速エレキブル抜きかつ最速エレキブルのダブルダメージ地震を最高乱数以外耐えなので調整にぬかりはないです(最速拘りスカーフ持ちのエレキブルの火力のなさに草でした)。プラズマシャワーは止めろ!

 

 基本選出は安定感のあるライチュウエレザードを先発に繰り出すことがほとんどでその裏の選出は大まかにいうとマルマインを舐めている(エレキブルシビルドンのどちらかまたはその両方が入っていない)PTと舐めていない(エレキブルシビルドンが両方とも入っている)PTで分かれます。

 

1.前者の場合

 カット・フロストロトムエレザードデンチュラシビルドン等の上から一撃で落としたり大きく削りたいポケモンを強く意識したいときはライボルトを、エレキブルマッギョデンリュウシビルドンマルマイン等の地面技のケアやエレザード方向へ強力な攻撃をしてくるポケモンを強く意識したいときはシビルドンを、相手のPTが全体的に地面の通りが良さそうと感じたときはエレキブルを4体目に選出します。

 

2.後者の場合

 1で挙げた状況に応じてポケモンを組み合わせていきます。しかし、このPTはウォッシュ・ヒートロトムに対して苦手意識を持っているため、想定していたポケモンが選出されない読みでマルマインを選出する場合もあります(このケースに遭遇したとき初めて空元気シビルドンにしておけばと後悔しました)。

 

終わってみての感想

マルマイン舐めているPTが想像以上にいたので有利に試合を進められた(KP12位以内にマルマインがいなかったのも追い風)。

ピカチュウエモンガライチュウエレザードコンビのカモで楽しかった。

・負けた試合の約7割が運負けだった(これが一番悔しい)。

 

成績

f:id:Koheibrain:20150902191646j:plain

 

  ここまで見て下さってありがとうございました。