読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohei's brain

Twitterアカウント:@keima1212ab

ORASリーグシーズン10総合最終8位達成 ローテーション(最終1718) (ORASリーグシーズン11最終1720)「醍醐味を無視した思考停止」構築

f:id:Koheibrain:20150723114523p:plain

 

 シーズン10のローテーションで使用したPTを紹介します。

f:id:Koheibrain:20150723114756g:plain

ガブリアス@命の珠 性格:陽気 特性:鮫肌

努力値:0-252-0-x-4-252 実数値:183-182-115-x-106-169

技:地震 ドラゴンクロー 岩石封じ 身代わり

 

 KP1位はダテじゃないと思える強いポケモン。自分のPTで厄介なロトムや霊獣ボルトロスの電気技の一貫を切ることが出来るのは本当に頼もしかったです。岩石封じは相手の竜の舞や追い風の妨害、味方の上を取るポケモンが増えることが出来るので採用して良かったです(特にトゲキッスが上を取れるポケモンが増えるのが強い)。身代わりはこのPTが重い電気技やギルガルドの甘えたキングシールドを読んでアドを取るためです。ドラゴンクローで無振りガブリアスを確一、地震でH252ギルガルドを中乱数で落とせることが出来るので持ち物は文句なしで命の珠を採用しました。

f:id:Koheibrain:20150723121028g:plain

シャンデラ@気合いの襷 性格:控えめ 特性:すり抜け

努力値:0-x-4-252-0-252 実数値:135-x-111-216-110-132

技:火炎放射 シャドーボール 鬼火→クリアスモッグ(シーズン16から) トリックルーム

 

 使い方次第では強くなったり、弱くなったりする極端なポケモン。特にクレッフィギルガルドニャオニクスに強いのが非常に評価できます。一番の天敵であるガルーラに注意しながら倒される前にトリックルームクチートのサポートや特性のすり抜けでリフレクターや光の壁、身代わりを貫通して相手のPTに致命傷を与える仕事が出来れば上出来です。性格が控えめの理由はシャンデラにはクレッフィギルガルド等に確実に仕事を遂行してもらいたいため、命中安定の火炎放射を採用していることから少しでも火力が欲しいからです。この記事を書いていてダウンロード対策を怠っていたことに気づきました(先頭に出さなければ大丈夫だと思いますけど・・・)。

 ピクシー対策にクリアスモッグを採用しました。しかし、クリアスモッグを入れている試合に限ってピクシーが選出されない(そもそも対戦相手のPTにいない)し、威張るによる自傷で頑張って択を当ててピクシー対面を作っても無駄だったので雨パ(特にオムスターガマゲロゲ)対策にエナジーボールを入れた方がマシだと思います。 (2016.09.26に追記)

f:id:Koheibrain:20150723123120g:plain

クチート@クチートナイト 性格:意地っ張り 特性:威嚇→力持ち

努力値:252-252-0-x-0-4 実数値:157-150-105-x-75-71→157-172-145-x-115-71

技:じゃれつく 不意打ち 叩き落とす 剣の舞

 

 特性の御陰で爆発的な火力で相手に大きな負担を与えられるポケモンシャンデラと共に選出されることが多いですが、常にシャンデラトリックルームをするわけではないので、同じことを考えている相手のスイッチトリックルームPTのクチート意識で無振り抜きのS調整にしました。また、アイアンヘッドではなく叩き落とすを採用した理由は自分のPTはポリ2やギルガルドが重めなのでそれを対策するためです。メガシンカ前の特性の威嚇によりクチートを4番目に選出した場合、先発の3体のうちの1体が物理ポケモンに倒されても良いような動きがしやすいのも択ゲーを減らすコンセプトのPTに噛み合っていて強かったです。

f:id:Koheibrain:20150716053724g:plain

ウォッシュロトム@オボンの実 性格:図太い 特性:浮遊

努力値:252-x-252-0-0-4 実数値:157-x-174-125-127-107

技:ハイドロポンプ 10万ボルト 鬼火 電磁波

 

 使ってみて初めて意外に堅いことが分かる耐久ポケモン。拘りスカーフ持ち型破りドリュウズ地震を15/16以上で耐える驚きの物理耐久を持っていますが、特殊耐久の方はサザンドラの悪の波動、霊獣ボルトロスの10万ボルト等でオボンの実込みでも結構削られてしまうので何も考えずにロトムを投げてしまうのは危険です。また、鬼火と電磁波の両立は相手に読まれにくかったので非常に使いやすかったです(癒しの鈴持ちポケモンは止めて頂きたいです)。

f:id:Koheibrain:20150720001832g:plain

ファイアロー@拘りハチマキ 性格:意地っ張り 特性:疾風の翼

努力値:0-252-4-x-0-252 実数値:153-146-92-x-89-178

技:ブレイブバード フレアドライブ 蜻蛉返り 寝言→ギガインパクト(シーズン16から)

 選出するときはほぼ4番目で先発の3体で程よく削れた相手を渾身のブレイブバードで止めを刺すという重要な役割を持つポケモン。強引に持っていける火力が欲しかったので性格は意地っ張りを採用しました。また、ちょうど最速S種族値110族と同速なることとA特化ファイアローのミラー意識でSの努力値を252に振り切りました。

 寝言を全く使う機会がなかったので、ウォッシュロトムへの最高打点としてギガインパクトを採用しました。まぁ、ほとんどブレイブバードしか使わないのですけどねw

(2016.09.26に追記)

f:id:Koheibrain:20150725044019g:plain

トゲキッス@拘りスカーフ 性格:臆病 特性:天の恵み

努力値:4-x-0-252-0-252 実数値:161-x-115-172-135-145

技:エアスラッシュ 大文字 波動弾 トリック

 ニコ生主のカピ吉さん(co2328120)からもらった、このPTのコンセプトの主軸であるポケモン。特性の御陰で60%の確率で怯ませられることが出来るエアスラッシュが非常に強く、何も行動させずに相手を倒すことが出来たり、一回でも怯ませられれば飛行技が等倍のほとんどのポケモンファイアローブレイブバードの圏内に入ります。マジカルシャインを切った理由についてはエアスラッシュが半減以下でマジカルシャインが抜群であるポケモンがメガデンリュウバンギラスチゴラスガチゴラスの4体(バンギラスは波動弾が4倍なので実質3体)のみでそれらのポケモンのためだけにマジカルシャインを採用するよりは鋼タイプに打点がある大文字(シャンデラの場合と違い、タイプ不一致な点と拘りスカーフで縛られていることより火力が欲しかった点から)と波動弾、補助技を多用してくる厄介な相手を詰ませられる可能性が上がるトリックを採用した方が良いと考えたからです(まぁ、ほとんどエアスラッシュしか打ちませんけど・・・)。

 

基本選出1

f:id:Koheibrain:20150725044019g:plain f:id:Koheibrain:20150716053724g:plain f:id:Koheibrain:20150723114756g:plain f:id:Koheibrain:20150720001832g:plain or f:id:Koheibrain:20150723123120g:plain

 相手のPTにクレッフィニャオニクスがいない、または飛行技に対してガッツリ対策しているPTでなければほとんど選出します。初手は風船や襷を潰すために不利対面でもトゲキッスエアスラッシュを打つことがほとんどです。これは自分がトゲキッスに対して非常に信頼を置いているからこそ出来る行動です。ただ、1ターン目からエアスラッシュを外したり、相手が怯まなかったり、さらに、相手の拘りスカーフ持ちポケモン(特に霊獣ボルトロスドリュウズ)で上から攻撃を叩き込まれてトゲキッスが落ちてしまうと非常に不利になります(霊獣ボルトロスについてはめざめるパワー氷もあるので安易にガブリアスで受けられないのも辛いです)。この選出(特に裏にファイアローを選出しているとき)で辛いポケモンクレッフィニャオニクス、サンダー、クレセリアブラッキーギルガルド

 

基本選出2

f:id:Koheibrain:20150716053724g:plain or f:id:Koheibrain:20150725044019g:plain f:id:Koheibrain:20150723121028g:plain f:id:Koheibrain:20150723114756g:plain f:id:Koheibrain:20150723123120g:plain

 相手のPTにクレッフィニャオニクスがいればほとんどの確率で選出します。トゲキッスロトムの選択については相手のPTにクレッフィニャオニクスがいないかつ飛行技を半減できるポケモンが2体以下ならトゲキッスを選出する可能性が高く、それ以外ならロトムを選出する可能性が高い感じです。この選出で辛いポケモンはピクシー、ガルーラ、サザンドラガブリアス、メガギャラドス

 

基本選出1、2ともに辛いポケモン

 霊獣ボルトロスニンフィア、型破りドリュウズウォッシュロトム

 

感想

 自分は択ゲーが苦手でかつ嫌いなので上からトゲキッスエアスラッシュで縛ったり、トリックルーム下でクチートで縛ったりして出来るだけ択ゲーを避けるPTで挑みましたが、結局最後の最後で択ゲーになることも少なからずあり、それに負けて低いレートの人からレートをガッツリ吸われる怖さはこの上なかったです。

 

 最後に、記事を見て分からないことや疑問に思ったことがあれば、自分のTwitter(@keima1212ab)やこの記事に気軽にリプやコメントを下さい。

 

 ここまで見て下さってありがとうございました。