読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohei's brain

Twitterアカウント:@keima1212ab

インターネット大会(リトルマッチ)62位(1762) 「ニューラ? なにそれ美味しいの?」構築

 f:id:Koheibrain:20150529153302p:plain

 

f:id:Koheibrain:20160926170738j:plain

 

先日行われたインターネット大会のリトルマッチで使用したPTを紹介します。

f:id:Koheibrain:20150529162636g:plain

ストライク@命の珠 性格:無邪気 特性:テクニシャン

努力値:0-196-36-0-36-236 実数値:23-20-15-12-13-22

技:燕返し 叩き落とす フェイント 真空波

 

選出率高め、このPTのエースでありMVP。「先制技2つ、かつ虫技を切っていて大丈夫か?」と思われがちですが、自分では、この技構成が最強だと思います。まず、虫技を切った理由は2つあります。1つ目は燕返しとの範囲の被りです。虫技が飛行技と差別できる点は、飛行技で抜群を取れる草タイプを除いて、虫技で抜群を取れるタイプはエスパータイプと悪タイプの2つである点と、飛行技で半減されかつ虫技で等倍となるタイプは岩タイプと電気タイプの2つである点です。悪と岩は真空波で抜群が取れますし、エスパーは叩きで抜群が取れます(このルールは実数値の関係上、優先的に抜群を取る方が良いと判断しました)。また、電気は耐久が低いポケモンが多かったので叩きでも火力は十分に足ります。さらに、飛行技と虫技の選択についてはミラー意識の燕が当然優先されるので飛行技を取りました。2つ目は上から当て逃げできる蜻蛉を採用しても裏で受けられるポケモンが少なかったことです。次に先制技を2つ採用した理由については、無補正珠で無振りニューラが確1である真空波、ニューラの礫の上から打てるフェイントに惹かれたからです。加えて、特性が加速のポケモンと対面したときの初手守るや物理耐久が高く、特殊耐久が低いポケモンへの打点の確保も出来た点も優秀でした。また、叩きはムウマヒトツキに大ダメージを与えられたので採用して良かったです(技のスペース的に叩きは無いだろうと思って投げてくる人が多かったです)。

f:id:Koheibrain:20150529162717g:plain

ゴース@気合いの襷 性格:臆病 特性:浮遊

努力値:0-x-36-196-76-196 実数値:19-x-10-19-11-18

技:祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 道連れ

 

選出率は50%、唯一の特殊枠。シングルレートで良く見る祟り目ゲンガーをゴースで再現したという感じです。メガゲンガーが速すぎるので、ゴースも速いという錯覚に陥って負けかけた試合もありました(最速ムウマより遅いのに後投げしたプレミをしました)。ゴースは上を取れば強い、上を取られれば弱い極端なポケモンでした。この個体はニコ生主のソウユウさん(co2286108)から提供してもらいました。ありがとうございました(ソウユウさんはポケカもやっているので興味がある人はコミュに訪れてみてはどうでしょうか?)。

f:id:Koheibrain:20150529165227g:plain

ヤミカラス@オレンの実 性格:臆病 特性:悪戯心

努力値:36-x-180-x-100-188 実数値:23-x-13-x-12-19

技:電磁波 威張る イカサマ 身代わり

 

選出率やや高め、皆が嫌いな害悪ポケモン。自分は負けず嫌いなので、為す術なく負けるより混乱での自傷をかわされて負ける方がマシなひねくれ者です。^^;

一番の狙いは決められたらほぼ試合が決まってしまう猫の手胞子対策です。また、火力アイテムなし最速ニューラの猫礫を高乱数耐え、珠でも礫だけなら高乱数耐えるので電磁波を撒ける可能性は高く最低限の仕事は出来ます。このルールでは残飯の回復量が微々たるものなので代わりにオレンの実を持たせました(ニューラが多くいる環境で長時間居座ることが厳しいですからね)。電磁波が無効なイワークやコイルが苦手だったので熱風や悪の波動を入れても良かったと思いますが、✝いばみが✝精神を貫きました。この個体はニコ生主のカピ吉さん(co2328120)から提供してもらいました。ありがつございました(カピ吉さんはマルチ枠を良くとる生主さんです。興味がある人はぜひ)。

f:id:Koheibrain:20150529185352g:plain

ペロッパフ@木の実ジュース 性格:意地っ張り 特性:軽業

努力値:0-212-148-0-0-124 実数値:22-15-15-10-12-13

技:じゃれつく 泥棒 腹太鼓 火炎放射

 

選出率低め、積んだら化けるポケモン。コイルにビビって全然出せなかったのが一番の反省です(出し負けしてしまったら裏でコイルを受けられるポケモンが少ないのがPTの弱点であったのでペロッパフが浮いた存在になってしまいました)。この個体もニコ生主のカピ吉さんから提供してもらいました。ありがとうございました。

f:id:Koheibrain:20150529191003g:plain

ズガイドス@スカーフ 性格:陽気 特性:型破り

努力値:0-236-36-x-0-212 実数値:23-22-11-x-9-16

技:諸刃の頭突き 地震 炎のパンチ 思念の頭突き

 

選出率やや高め、破壊神。コイル等の特性が頑丈のポケモンの対策と圧倒的火力により採用しました。中でも諸刃の威力は凄まじく、ほとんどのポケモンが一撃で吹き飛びますので、その爽快感が堪らなかったです。相手のPTにコイルがいるときは選出率100%でほぼ先発安定でした(もう一体くらいコイルに強いポケモンが必要だったということを大会中に気づくというミス)。コイル初手対面したとき、ストライク等の飛行タイプ読みの炎パン安定でしたが(地面が一貫していたら当然地震ですが)、コイルを居座らせるヤンキープレイをしてきたのが一回あって、それには流石に脱帽でした(ズガイの方が速いのでスカーフであることが確定出来ないのに、ずっと居座り続けるということは絶対特性の効果をご存じでないですよね)。思念は格闘タイプ対策でしたが、一回も対面しなかったので一回も使いませんでした(良い技なんですけど・・・)。

f:id:Koheibrain:20150529193953g:plain

テッシード@ゴツゴツメット 性格:腕白 特性:鉄のトゲ

努力値:244-0-188-x-68-0 実数値:24-11-19-x-16-7

技:アイアンヘッド タネマシンガン 電磁波 ステルスロック

 

 選出率高め、要塞。ニューラやイワークへの対策や物理ポケモンへの定数ダメ稼ぎ、特殊ポケモンのタイプ受け等色々な場面で活躍出来たポケモン。ただ、HB特化でも最速ストライクのアイテム無し燕が中乱数、珠や意地スカなら確2なのでナットレイ感覚で出すのは禁物でした(やっぱり、ストライクは強い!)。このポケモンも電磁波やステロを撒ければ仕事完了みたいなものだったので相手のPTに炎タイプやめざ炎持ちがいても臆することなく選出する場合もありました(むしろ、ドレパンで養分にされる格闘タイプの方が出し辛かったです)。

 

基本選出

(コイルがいない、または、コイルより優先して処理するべきポケモンがいるとき)

f:id:Koheibrain:20150529165227g:plain f:id:Koheibrain:20150529193953g:plain f:id:Koheibrain:20150529162636g:plainorf:id:Koheibrain:20150529162717g:plain

 

電磁波やステロを撒いて上から燕や祟り目を打って戦うスタイル

先発はヤミカラス安定で相手の先発がニューラだったら初手テッシードに引いてゴツメ+鉄のトゲでダメージを稼ぎ、ニューラの行動回数を減らします。相手もニューラに電磁波は撒かれたくないと考えて、礫だけではヤミカラスを倒せないと思っているはずなので、猫から入ってくるところを狙います(ラムニューラは止めて頂きたいです・・・)。次のターンはニューラが交代しようがしまいが電磁波安定、その次のターンはステロ安定です。こうして場を作ることで相手が自分のストライクやゴースに3タテされる確率が高まります。

(コイルがいるとき) 

f:id:Koheibrain:20150529191003g:plain f:id:Koheibrain:20150529193953g:plain  f:id:Koheibrain:20150529162636g:plainorf:id:Koheibrain:20150529162717g:plain

 

コイルや面倒なポケモンを上からの高火力でさっさと倒して勝ち筋を作るスタイル

先発はズガイ安定で相手の先発がコイルだったら上述の通り炎パン安定、ニューラだったらテッシードに交代安定です。このとき猫ではなく格闘技を打たれる可能性が少なからずありますが、それは仕方がないと割り切ってテッシードが倒された後、ズガイの炎パンやストライクのフェイントでニューラを倒しに行きます。また、この選出は出し負けたらやや厳しい試合になります(先発スカーフホエルコグライガー対面等)。

 

終わってみての感想

物理5+特殊1構築だったので特にイワークが辛かったです(ズガイの地震を余裕で耐える、電磁波無効、スカーフの可能性)。ペロッパフアサナンに変えれば相手のPTにイワークやコイルがいても選出が縛られなかったのかもしれません。

 

成績

f:id:Koheibrain:20150529212731j:plain

ここまで見て下さってありがとうございました。